ヤマダストアー

有機食品とは?有機食品とは?

ヤマダストアーは健康食材を提供することで
地域の健康増進に貢献したいと本気で考えています。

環境と健康を守るオーガニック農家を応援します

ご存知のように、ヤマダストアーに入ると、たくさんの自然食品・オーガニック食品を見つけることができます。
ヤマダストアーは播州地方で自然食品・オーガニック食品などの健康食材を提供することで地域の健康増進に貢献したいと本気で考えている健康食品スーパーマーケットです。

地域の皆様の健康とそれを維持する持続可能な地球環境の保全を実現するために最良の選択をご提案しようと考えています。

健康・高品質、また地球に優しい持続可能な農業の実現を目指し、特別栽培・オーガニック栽培をしている小規模農家さんや生産者様を応援したいと考えています。
そうすることが食を扱うスーパーマーケットの次世代への責務であると考えています。

「有機」「オーガニック」とはどういう意味ですか?

有機栽培農家

有機とオーガニックは同義語です。
「化学農薬や化学肥料を使用しない安全な栽培方法」と認識している方もいらっしゃいますがそれは結果であり、目的ではありません。
「安全」「美味しい」「健康」も全て有機の結果でしかありません。

一言で言うと、有機栽培とは「相互依存の理解」に根差した栽培方法であるとヤマダストアーは考えています。

微生物が自然界の有機物を分解し、それを植物が吸収して育ち光合成で栄養を作る、そして我々人間を初めとする動物はそれを食べて生きている。
全ては相互に依存しあい、自分の存在は自分以外のもので成り立っていると理解することが「相互依存の理解」です。

すべては「相互依存」で成り立っていて、それを理解し、実践した農法が「有機農法」であると言えます。

具体的に慣行農法とは何が違うの?

健全な食物連鎖を目指しているので遺伝子操作された種子・作物、下水汚泥、長期的な殺虫剤・除草剤・殺菌剤の使用を禁止しています。

健全な畜産飼育は、野外への放牧や有機栽培飼料で飼育し人道的でない抗生物質入飼料やホルモン剤の投与を禁止しています。

食品加工では慣行的に行われている放射線放射や遺伝子組み換え、合成保存料の使用を禁止しています。

オーガニック食品を選ぶ7つの理由

1.オーガニックJAS認証は厳格な基準を達成しています。

お客様が有機JAS認定の食品を選ぶことは、化学的なものを体内に入れるのを避けることはもちろん除草剤や殺菌剤から土壌を守ることにも繋がります。

2.有機食品は美味しい

微生物が豊富な土壌からは健康的な植物が生まれ人や動物にとって最高の自然な味わいをもたらしてくれるとヤマダストアーは考えています。

有機食品は私たちの水資源を大切にする

3.有機食品は私たちの水資源を大切にする

有機食品は化学肥料・化学農薬を使用しないので、化学物質の川への流出を減らし、私たちが生きていくには欠かせない水資源の保全に繋がります。

4.小規模な有機農家が健康な土壌をつくる

土壌は食物連鎖の基盤です。有機農業の焦点は、健康な土壌を育むことにあります。

小規模な有機農家が健康な土壌をつくる

有機生産者は革新的な農業研究のリーダーです。

5.有機生産者は革新的な農業研究のリーダーです。

農薬使用量の削減と、環境に対する農業の影響を最小限に抑えることに日夜チャレンジし、自然の実験場である「農場」で日々実践している有機農家こそ革新的な農業研究のリーダーであるとヤマダは考えています。

6.有機農業は個人農家を守り、日本の農村社会の維持に役立ちます。

有機・オーガニック市場は慣行栽培の市場とは別であり、公正で適正な価格での取引を実現します。自然栽培・有機栽培は小規模農家のための生命線であると言えます。

7.有機食品が成長市場であり、これからもっと選択できるようになります。

ほとんどの野菜を初めとする有機食品は、小売店の多様化・ネット社会の発展によって気軽に買えるようになりそれぞれの食品カテゴリーにおいて有機食品を選択することが困難ではなくなってきました。非食品の分野でも殆どの専門家が不可能と考えていた「オーガニックコットン衣料」の普及が実現しています。